「顔が常に赤い…」赤ら顔の放置リスクと解消法を解説!

概要

赤ら顔とは、頬、小鼻、額周りなど、顔が恒常的に赤く見える状態を指します。これは恥ずかしいときや運動後、お酒を飲んだ後の一時的な赤みとは異なり、長期間続く症状のことです。

原因

赤ら顔の原因は、真皮中の毛細血管が拡張し、通常の状態に戻らなくなることが主な要因とされています。血管が拡張すると血流量が増え、それが血管の目立つ赤みとなります。
遺伝的要素や環境因子、アルコール摂取、辛い食べ物、紫外線などが毛細血管の拡張を引き起こします。

症状

赤ら顔は肌が赤く見える状態を指しますが、健康な人でも発生し、炎症やかゆみは伴いません。その一方で、「酒さ」は赤みと共に炎症、かゆみ、痛みを伴う皮膚疾患です。
赤ら顔が悪化して皮膚がただれることはありませんが、敏感肌特有の赤みを隠そうと厚塗りのメイクをすることは避けましょう。

治療

美容皮膚科での赤ら顔の治療は、特殊な光によるヘモグロビンの減少治療やレーザーによる皮膚再生治療が行われます。これらは血管を収縮させ、肌のターンオーバーを促進するものであるため、敏感肌の回復にも役立ちます。

生活上の注意

赤ら顔の改善には、生活習慣の見直しが必要です。適切な睡眠と適度な運動は血流を改善し、肌へのストレスを和らげます。
食生活では、アルコールやスパイシーな食べ物を避け、紫外線対策を怠らないことが重要です。また、赤みを隠すメイクをする際は、厚塗りするのではなく赤色の補色であるグリーン系の化粧下地やコンシーラーを選びましょう。

クエスクお試しキットDUO

パーフェクトデュオセットを使った本格ホームケアを始める前に、美容液と肌の相性をしっかり確認できる、朝、夜たっぷり使える3日間のお試しキットです。

美しさは日々の積み重ねから。あなたの肌に合うケアを見つけ、小さな一歩を踏み出しましょう。

気になる年齢サインには特別なケアが必要です。スキンケアルーチンに、一つ小さな変化を加えてみませんか?

日々のケアで肌本来の美しさを引き出すため、あなたに合ったケアを見つけて、実感してみてください。