「なぜ私は顔が赤いの?」酒さの背後にある理由とは!

概要

酒さは、顔の赤みやほてり感、かゆみを伴う皮膚の炎症性疾患で、特に30代以降によく見られます。
重症化すると刺激に対して過敏な肌状態になり、鼻を中心に肌荒れやただれが見られ、大きく目立つことも。

原因

酒さの主な原因ははっきりとわかっておりませんが、皮膚表面のニキビダニや免疫の異常、さらには紫外線、アルコール、辛い食べ物、ストレスなどの生活習慣も関連している可能性があります。敏感肌の方は、特にこれらの刺激に注意が必要です。

症状

酒さの典型的な症状は、頬や鼻、額、目の周りの赤みや痛み、皮膚の荒れ、ただれ、毛穴のざらつきです。
症状が強く出るかどうかは個人差があるため、慎重な診断・治療が必要です。

治療

酒さの治療は、症状の緩和とコントロールが目的です。外用薬や抗生物質、漢方、レーザー治療などが行われます。
症状の緩和は可能ですが、完治することは難しいため、継続的な受診が必要になります。

生活上の注意

酒さの症状を軽減するには、生活習慣の見直しも重要です。刺激物の摂取を控え、紫外線対策を行うこと、またストレスを避けることが重要です。
特に敏感肌の方は、スキンケアは医師の指示に従い、皮膚の保湿に注意を払いましょう。

クエスクお試しキットDUO

パーフェクトデュオセットを使った本格ホームケアを始める前に、美容液と肌の相性をしっかり確認できる、朝、夜たっぷり使える3日間のお試しキットです。

美しさは日々の積み重ねから。あなたの肌に合うケアを見つけ、小さな一歩を踏み出しましょう。

気になる年齢サインには特別なケアが必要です。スキンケアルーチンに、一つ小さな変化を加えてみませんか?

日々のケアで肌本来の美しさを引き出すため、あなたに合ったケアを見つけて、実感してみてください。