「なんだか老けて見える…」頬の下たるみ、あなたも悩んでいますか?

概要

頬の下たるみは、年齢を重ねることや日常の生活習慣、皮膚の状態に起因して現れることが多い現象です。
頬の下たるみは、顔の印象を老けさせる要因となるため、多くの方が改善を望んでいます。

原因

頬の下たるみが生じる原因は多岐にわたります。
まず、年齢と共にコラーゲンやエラスチンの量が減少すること。これらの成分には皮膚の弾力やハリを保持する役割があります。
また、日常の生活習慣や紫外線への露出、タバコやアルコールの摂取も頬の下たるみの原因となります。さらに、不規則な睡眠やストレスも原因となります。

症状

主な症状として、頬の肉が垂れることにより、フェイスラインが不明瞭になります。
加えて、ほうれい線の深刻化、顎周りのラインのぼやけ、肌のハリや弾力の低下などが目立ち始めます。
このたるみが進行すると、全体的な顔の印象が老けて見えてしまいます。

治療

たるみの治療としては、ヒアルロン酸注入やレーザー照射などがあります。ただし、レーザー照射は、肌への負担が強いこともあるので注意が必要です。
一方、日常のマッサージや顔のエクササイズなどは、皮膚への刺激が少なく、日々行える頬の下たるみ予防として役立ちます。

生活上の注意

頬の下たるみを予防するためには、日常生活の中でのケアが重要です。顔のマッサージやバランスの良い食事、適切な水分摂取、そしてスキンケアが欠かせません。
特に保湿は、皮膚のハリや弾力を維持するために必要不可欠です。加えて、紫外線からの肌を守ることも重要で、日焼け止めや日傘などにより紫外線対策を行いましょう。