「このしみ、なんでできるの?」肝斑について知っていますか?

概要

肝斑は特に30代~40代の女性の肌に出現しやすいシミの一種で、顔の印象を大きく左右します。敏感肌の方でも出現しやすく、特異な特徴を持つため、症状の見極めと適切な対処法を知っておくことが大切です。

原因

肝斑の発生原因は明確には分かっていませんが、女性ホルモンのバランスの乱れがメラニン生成を促進し、結果として発生すると考えられています。
ストレスとの関連も深く、メイクや紫外線などの刺激も肝斑を悪化させる要因となります。

症状

肝斑は主に頬や額、こめかみ、鼻の下に左右対称の形で現れ、目の周囲にできることもあります。均一に濃く発生する老人性色素斑や、幼少期から発生することもある小さな斑点状の雀卵斑(そばかす)と異なる特徴があります。
一般的には30歳~50歳の間に発症し、その後は発症が落ち着きます。

治療

肝斑の治療は、シミ改善と同様のフォトフェイシャルやケミカルピーリングが用いられます。また、メラニン生成抑制作用を持つトラネキサム酸の内服も有効とされています。
トラネキサム酸は女性ホルモン分泌に直接影響せず、安全性が高い成分であるため、長期的な改善が期待できます。
ただし、他の内服薬との組み合わせや喫煙などにより血栓のリスクが高まることもあるため、専門の先生に相談しながら内服しましょう。

生活上の注意

肝斑予防には、健康的な生活習慣とホルモンバランスが重要です。質の良い睡眠とバランスの良い食事、適度な運動を心掛けましょう。
また、ストレスを軽減するための気分転換も肝斑予防につながります。

さらに、敏感肌の方も、日焼け止めや帽子を利用して紫外線ダメージを軽減しましょう。紫外線が強い時間を避けたり、こまめに日焼け止めを塗り直すことで、肌へのダメージを最小限に抑えることができます。

クエスクお試しキットDUO

パーフェクトデュオセットを使った本格ホームケアを始める前に、美容液と肌の相性をしっかり確認できる、朝、夜たっぷり使える3日間のお試しキットです。

美しさは日々の積み重ねから。あなたの肌に合うケアを見つけ、小さな一歩を踏み出しましょう。

気になる年齢サインには特別なケアが必要です。スキンケアルーチンに、一つ小さな変化を加えてみませんか?

日々のケアで肌本来の美しさを引き出すため、あなたに合ったケアを見つけて、実感してみてください。