「あのあざ、消える?」色素性母斑のケア法!

概要

あざは一部の皮膚の色が他の部分と異なる状態で、遺伝的要因から生まれつきあるもの(母斑)と、けがなどによる内出血から来るものがあります。
敏感肌の方にとって、色素性母斑は特に注意が必要です。これは「ほくろ」や「黒あざ」などと呼ばれ、皮膚の色素細胞が異常に増えた結果現れます。

原因

色素性母斑は、皮膚の色素細胞(メラノサイト)が増殖し、黒色の色素が皮膚の一部に集まる良性の腫瘍です。
通常は生まれつきまたは幼少期に現れますが、稀に大人になってからも現れることがあります。

症状

色素性母斑は皮膚に黒いあざが現れる症状であり、大きさや形状はさまざまです。
通常、痛みやかゆみはありませんが、悪性化すると皮膚がん(メラノーマ)に進行する可能性があるため注意が必要です。

治療

悪性化しなければ色素性母斑の治療は必須ではありませんが、コンプレックスを感じる場合や敏感肌であざが引き起こす炎症が気になる場合は、レーザーや凍結処理などを選択することが可能です。
しかし、治療は面積により何回かに分けて行われ、完全に治るまでには時間がかかることもあります。
近年は、自身の皮膚を採取し、培養した表皮を移植する治療法も開発されています。

生活上の注意

色素性母斑はメラニン色素が集まった部位で、日焼けや摩擦による刺激で色素沈着が進行する可能性があります。
敏感肌の方は、特に外出時は日焼け止めや日傘で肌を保護し、摩擦を避けてソフトに洗顔し、保湿をこまめに行うことが大切です。これらのケアは、あざの予防にも役立ちます。

クエスクお試しキットDUO

パーフェクトデュオセットを使った本格ホームケアを始める前に、美容液と肌の相性をしっかり確認できる、朝、夜たっぷり使える3日間のお試しキットです。

美しさは日々の積み重ねから。あなたの肌に合うケアを見つけ、小さな一歩を踏み出しましょう。

気になる年齢サインには特別なケアが必要です。スキンケアルーチンに、一つ小さな変化を加えてみませんか?

日々のケアで肌本来の美しさを引き出すため、あなたに合ったケアを見つけて、実感してみてください。