「この青あざ、なぜできる?」蒙古斑・大田母斑について知っていますか?

概要

蒙古斑と太田母斑は、両者とも色素沈着による青あざのように見えますが、原因や発生場所は異なります。
蒙古斑はアジア人に多く、自然に消えることが多い一方、太田母斑は思春期以降の女性によく見られ、片顔面に生じやすいです。

原因

蒙古斑

赤ちゃんが生まれつき持つ蒙古斑は、胎児の時期に存在するメラノサイトが皮膚の奥、真皮に発生し、メラニンを部分的に増加させることで引き起こされます。
これにより、普通のメラニンよりも深い層で色素が生成され、青く見えるのです。

太田母斑

一方、太田母斑の原因ははっきりしていませんが、メラノサイトの増殖と、それに伴う深い層でのメラニン生成により、青や灰紫青色の斑点が肌の表面に現れるとされています。
思春期以降の女性に多いですが、乳児期から発生する場合もあります。

症状

蒙古斑

蒙古斑は生後1ヶ月頃までに現れる青あざで、赤ちゃんのお尻や背中、腰などに大きな色素斑が現れます。
ほとんどの日本人に見られるこの現象は、5、6歳の頃には自然消失するため、心配は無用です。

太田母斑

太田母斑は生後または思春期以降に発生し、おでこから目の周り、頬に青みを帯びた色素斑を発生させます。
色素斑は広範囲に広がりやすく、濃くなることもあります。アジア人の女性には特に多く、眼球の白い部分に青い斑点ができることもあります。

治療

蒙古斑は自然に消えますが、太田母斑は顔にできやすく、外見上のコンプレックスになる可能性もあります。
そのため、皮膚の奥に存在するメラノサイトにレーザー照射を行い、色素を脱失させる治療が行われます。

生活上の注意

太田母斑のメラニン色素は深い層にあるため、一般的な美白スキンケアでは効果が期待できません。
しかし、レーザー治療後の皮膚は敏感になりますので、色素沈着を防止するためにも、日焼け予防とスキンケアが重要です。特に敏感肌の方は、敏感肌用の製品や低刺激な製品を選び、肌に優しく接することをおすすめします。

クエスクお試しキットDUO

パーフェクトデュオセットを使った本格ホームケアを始める前に、美容液と肌の相性をしっかり確認できる、朝、夜たっぷり使える3日間のお試しキットです。

美しさは日々の積み重ねから。あなたの肌に合うケアを見つけ、小さな一歩を踏み出しましょう。

気になる年齢サインには特別なケアが必要です。スキンケアルーチンに、一つ小さな変化を加えてみませんか?

日々のケアで肌本来の美しさを引き出すため、あなたに合ったケアを見つけて、実感してみてください。